私は練馬区に住んでいる独身OLです。仕事は中小企業の経理をやっています。目下一人暮らしなので、自分の収入をやりくりしながら何とか暮らしています。趣味は映画とジョギングです。

その私に、ある日思わぬことが起こりました。皆さんは、光熱費の滞納でガスや電気を止められたことはありますか。実は先日、つい滞納してしまって、電気を止められたことがあったのです。この時ばかりは困るやら、情けないやらでした。

そもそもの原因は、光熱費引き落とし用の口座にお金を入れていなかったことです。私はガスを使わないので、公共料金といえば電気と水道、そして携帯のお金です。このうち水道と携帯はコンビニで払っています。

そのため引き落とし用口座といえば電気料金用で、毎月1万円ずつ入れ、常に残高2万円程度をキープしていました。しかしてっきり入れたものだと思っていたのに、残高が少なくて督促が来ることも度々でした。

その都度、入れておかないといけないなと思っていたのですが、その銀行が遠いせいもあり、先延ばしになっていました。そして結局その期限を過ぎた時点で、電気が止まってしまうことになったのです。これは悩みました。

まず最初に頭をよぎったのは

うわーどうしよう

これに尽きます。しかも遅延していたため料金が高くなっていて、手持ちのお金では心もとないのです。こうなったらお金を都合するしかないと思い、消費者金融へ行くことにしました。これが人生初めての借金でした。

消費者金融での審査の結果、10万円のお金を借りられることになりました。その後すぐに督促状とお金を持って、電力会社の支店へ行き、何とか滞納していた分を払いました。残額は7万円でした。

そして今度はお金を返済して行かなければなりません。消費者金融の人に返済計画を立ててもらい、その通りに返済して行きました。借金とは借りる事より、返すことの方が大変であると返済をしていて感じました。

毎月の収入とボーナスから少しずつ返済分を出し、半年以内に何とか返済を済ませました。もちろんその間、電気料金がまた滞納することのないよう、残高を増やしましたので、出て行くお金が結構多かったと思います。

完済した後、借りている分をどうしようかと思いましたが、結局一旦解約することにしました。この消費者金融は大手の有名な会社で、とにかく会社の近くにあった店舗に飛び込みました。金利は17パーセントで、誰にもバレずにすみました。

初めてお金を借りてみて思ったのは、やはり返済がなかなか大変であること、そして、目的以外のことに使うと、後が困るということです。解約したのもそれが一因です。いざという時には便利ですが、普段から頼るものではないと思いました。

まとめ

電気料金を延滞したため、あわてて消費者金融に飛び込んで、お金を借りられたのはラッキーでした。

しかしこれは、自分の管理の甘さもあったのですから、今後はやはりもっと気をつけるべきだなと思います。

1つの目的のみで口座引き落としをしていると、意外と入金を忘れることもあるので、水道や携帯同様、コンビニで支払うという方法もあるかもしれません。