キャッシングやカードローンで「ブラックリスト」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

「申し込みブラックになった」「ブラックで審査に通らない」など、お金が借りられない状態を意味する言葉です。

「ブラックリスト」とはどの様なものなのか、載ってしまう条件とは、そして一度載ってしまったらキャッシングやカードローンは一生利用できないのか、などについて紹介します。

ブラックリストとは

ブラックリストとは、お金が返せないなどの金融事故を起こしてしまい、その情報が記録に残ってしまうことです。

特に名簿の様なものが存在する訳ではなく、データが存在する為にキャッシングやカードローンが利用できない状態のことを言います。

ブラックリストに載るのはどんな人か

「ブラックリストに載る=金融事故の記録が残る」のは、個人信用機関に情報が登録された時です。

基本的なケースは以下の通りです。

債務整理をした人

債務整理とは、自己破産・任意整理・個人再生など、借りたお金が返せなくて法的な手続きを行うことです。

正式な手続きをする為に、個人信用情報機関に記録が残ります。

延滞・滞納をした人

既に借入れをしているキャッシングやカードローン、クレジットカードの精算、或いは携帯電話の端末代金の分割支払いや奨学金の返済などを延滞・滞納している人のことです。

こちらの場合ケース別に期間が別れるのですが、2ヶ月以上の返済の遅れが目安と考えた方が良いでしょう。

尚、1年間に複数回延滞や滞納をすると、悪質な利用者として短期間であってもブラック入りする可能性が高くなります。

申し込みブラック

キャッシングやカードローン、クレジットカードなどで、審査に落ちたら困るからと複数の金融機関に申し込む人がいます。

しかし一度審査に落ちたらそれだけで履歴が残るので、何度も申し込めば金融機関としては敬遠したくなります。

1ヵ月に3か所以上申し込むとそれだけで「申し込みブラック」になる可能性が高くなります。

クレジットカードを現金化する

現金が欲しくてつい業者を利用してクレジットカードを現金化したり、ショッピング枠で現金化したりする人がいます。

この行為はクレジットカードの規約違反となり、カード会社にバレた時点で強制解約となるだけではなく、ブラック入りするでしょう。

ブラックリストは消せないのか

一度個人信用情報機関にり金融事故の履歴が登録されると、一定の期間はその情報が残ります。

しかし逆を言えば、一定期間が経過すれば情報は消えるということです。

つまり、一度ブラック入りをしても、ある期間我慢をすれば記録が消えてなかったことになるという訳なのです。

信用情報機関と事故履歴が消えるまでの期間

金融事故の情報は、その情報が登録された個人情報機関や事故の内容により違ってきます。

現在では国内に以下の3つの信用情報機関があり、それぞれの詳細は以下の通りです。

「日本信用情報機構 JICC」

消費者金融系と信販会社が主に加盟していて、日本で最も老舗の信用情報機関です。

情報の更新が早く、すぐに反映されるので信頼度も高くなります。

ブラックの登録機関は以下の通りです。

  • 遅延・延滞: 5年
  • 債務整理: 5年
  • 多重申込み: 6ヶ月

「クレジット・インフォメーション・センター CIC」

クレジットカード会社と信販会社が主に加盟しています。

こちらの場合、銀行系金融機関や消費者金融も多く加盟していて、更新頻度は月1回以上となっています。

ブラックの登録機関は以下の通りです。

  • 遅延・延滞: 5年
  • 債務整理: 5年
  • 多重申込み: 6ヶ月

「全国銀行個人信用情報センター JBA・KSC」

銀行と銀行系クレジットカード会社、農協、信用組合など、銀行と同じ業務を行う金融機関が加盟しています。

こちらは自己破産に関する官報情報が登録されていて、他の機関よりも厳しくなっています。

ブラックの登録機関は以下の通りです。

  • 遅延・延滞: 5年
  • 債務整理: 5年
  • 多重申込み: 6ヶ月
  • 官報情報: 10年

自分がブラックかどうか調べるには

過去に金融事故を起こした人は、自分がブラック入りしているか調べたいと思うものです。

その場合には、各個人信用情報機関に紹介することができます。

その方法は主に以下の3つですが、機関により違いますので問い合わせて確認しましょう。

  • 直接窓口まで行く
  • 郵送で開示請求をする
  • インターネットで開示請求をする

個人情報機関は3つありますが、どこに紹介すれば良いのかは目的により違ってきます。

例えば、キャッシングやカードローンの履歴は「JICC」へ、銀行系クレジットカードの場合は「CIC」か「KSC」へ、となります。

尚、債務整理をした場合には3つの機関全てに記録されますので、全部を照会すると良いでしょう。

まとめ

ブラックリストに掲載されるとしばらくの間キャッシングやカードローンに申し込めなくなりますが、一定期間経てば情報が消えてまた申し込める様になります。

まずは信用情報機関に履歴が残る様な金融事故を起こさない様に心掛けましょう。

もしも一度事故を起こしたり審査に落ちたりしたら無理をせずに、少なくとも5年間は何とかしてやりくりする様に心がけましょう。