キャッシングローンは利息がだけが掛かってしまって自分には得がないと考えている人も思います。でも、キャッシングローンを有効に使うといつもの返済が軽くなります。そのようマル秘テクやキャッシングローンについて、どうしても注意しないといけない事などを一歩踏み込んでお伝えしたいと思います。

この記事を読んだ後にはキャッシングローンへの考え方が変わっていくと思います。

キャッシングローンは出来るだけ使いたくないと考えている人が多いと思います。ですが、気が付いたら毎月の返済に追われてしまっている、すぐにでも返したいが給料が少ないので返済は利子を返すだけで精一杯だという人が多いと思います。キャッシングローンの考え方を変えれば、今まで以上に出来ると思います。

月に2件以上の返済がある場合

お金を2社以上から借りている時は迷わず一本化した方がいいです。何故かといいますともし2社に毎月払っていましたら、2社に利息を払わないと行けなくなってしまうからです。これを1本にすれば利息は1社だけになりますので、その分返済に回す事が出来ます。

税金やローンがある場合

税金から催促が来ている場合は税金の返済を先に行った方がいいです。もし払う事が出来ないのでしたら、キャッシングローンで借りて一括で税金の返済に回した方がいいです。その理由は2つあります。一つは金利に関して言いますとキャッシングローンよりも税金の延滞金の方が高いとう事です。

税金は国に払うものですから利息は殆ど無いと考えている人は多いです。ですが、税金はキャッシングローンよりも高いです。だからこそ税金の返済を一番に回した方がいいです。

せっかく返せるのに税金で差し押さえとかになってしまいましたら、一瞬で今まで頑張って来た事が無駄になってしまいます。税金の延滞金の明細が送られて来たら注意しないといけません。

キャッシングやカードローンのメリットと注意点

メリットは急なお金が必要な時にお金を借りれる事です。会社の付き合いやデート費用に使って、翌月使った分を返すという事が出来ます。

キャッシングは早くて30分でお金を借りる事が出来ます。しかもWebでも申し込みする事が出来ます。ですがカードローンは審査が厳しくて尚且つ審査に時間がかかります。銀行のカードですから返済が悪いと銀行の信用を失う事になってしまいます。

ですがその分デメリットがあります。それは、いつ間にかに借入額が増えて行くという事です。カードを持っているとついつい心に甘えが出て本当なら食費も節約して返さないといけないのに、目の前にお金がある事でお金を持っていると考えてしまって、遊びや生活費に殆ど使ってしまって気が付いたら返済日になってしまい、お金が無いのでまた借りてそれで返済するという悪循環になってしまいます。

このような悪循環にならない為にも、自分は借金を負っているという事を自覚して逆に繰り上げ返済を行うようにして行った方がいいです。そうすると毎月の利息を少ない状態で返済する事が出来ます。

利息を少ない状態にするという事が返済する上で一番大切な事です。ですから利息を下げる為にも返済出来る時は余分に返済して利息を減らす事です。

キャッシングを上手く使う方法

キャッシングは基本審査が不要です。銀行のように厳しい審査がありません。それにキャッシングは利用枠以内でしたら、いくらでも借りる事が出来ます。しかも締め日から翌日の締め日で手数料は決められます。本当に必要な時にだけ使う為に財布に忍ばせておくといいかも知れません。

ですが、キャッシングというのは結局は借金になりますので、早くに返す意思をもっていないといけません。気が付いたらいつの間にかに大金を借りていたという事になってしまいます。本当にもしもの時という事を理解して使う事が必要です。

カードを作る時は年利に注意

カードを作る時は目の前のお金の事だけに目が行ってしまい、年利の事を考えないで借りる人がたくさんいます。年利というものは一番大事なものであって、これによって返済額が変わって来ます。もし借り入れをする場合は1社の情報だけでは無く数社と比べて見る必要があります。

カード会社によってサービスが異なったりしますので注意が必要です。それに返済はリボ払いで返済するよりも出来るだけ一括返済をするのがいいです。その方が返済期間も少なくなりますし、総支払額が安く済みます。

まとめ

カードローンやキャッシングを使う上での注意点を述べて来ました。どちらのカードを使うにしても、出来る事なら使わないというのが一番です。もし借りてしまったとしても、素早く返すという事が大事になってきます。

でもいざという時にお金が必要な時は誰しもあります。そのような時の為に財布にカードローンのカードやキャッシングのカードを入れておくと安心です。