初めてクレジットカードを持ちたいと考えている人、既にクレジットカートを所有してる人、クレジットカードを何枚も保持していると言う人がいると思います。しかし、実際にクレジットカードのしくみについて理解をしていない人が実は多いと言われています。

そこで、今回は今更、人には聞けないクレジットカードのしくみや、審査状況についての事について掘り下げてみたいと思います。

これを知れば、クレジットカードがかなり身近な存在になることでしょう。

クレジットカードの基本

クレジットカードを現在利用している人は、持ち合わせの現金が無くても買い物をしたり、公共料金の支払いや税金の支払い、公共交通機関のチケットを買ったり、レストランで食事をしたりする時に便利に利用していると思います。また、給与日までに現金が全く無くなり、一時的にクレジットカードを使ってキャッシングをしていると言う人も少なくないでしょう。

また、予め引き落とし口座に現金を入れておいて、現金は使わず、生活の全てをクレジットカードで賄っていると言う人も最近は少なくはありません。

勿論、インターネットでの買い物も昨今はクレジットカードを使用するのが支流です。

クレジットカードの審査

クレジットカードと言うのは、クレジットカードの利用者、お店(クレジットカード加盟店)、クレジットカード会社の3つの関係で成り立っています。

まず、第一にクレジットカードを所持する人は、クレジットカード会社との契約関係を持って上で関係が成りたちます。クレジットカードを発行する側は、お客がカードを持つに当り、信頼に値する人なのか?を判断した上で審査を通すか、通さないかの判断をします。

銀行系のクレジットカード

クレジットカード会社の審査基準はカード会社によっても差があると言われていますが、最も難易度が高いと言われているのは銀行が発行しているクレジットカードだと言われています。

三井住友カードやJCBカードや、大手銀行が発行している銀行クレジットカードは審査難易度が高いと言われているのですが、年収、過去に現在の借金、以前、他のクレジットカードで返済を怠ってしまってリストに入っていないかの審査は勿論のこと、それなりの属性のステータス性がある人間なのか?どうなのか?と、言った審査内容をしている言われています。しかし、はじめて銀行系のクレジットカードを作りたいと思っている方や、決して高額ではないけれど、安定した収入があると言う方は、難易度が高いと言われてはいまずが、銀行系のクレジットカードの審査に通る例も無数にあるのです。

ですから、カード申し込み時点で多額のカード借金があったり、ブラックに載ってはいないと言う方は、是非審査にトライしてください。案外すんなり審査が通る場合もあります。特にメインバイクにしている銀行系のクレジットカードならばスムーズに行くことが多いようです。

信販系・流通系のクレジットカード

また一般的に審査難易度が普通と言われているのは、オリコやジャックスなどの大手信販系やセゾンなどの流通系だと言われています。安定している収入とブラック歴がなければ審査は通る易いと言われています。

消費者金融系のクレジットカード

上記の銀行系、信販系、流通系のクレジットカードの審査に通らなかった人でも、審査に通る可能性があると言われているのが、消費者金融であるアコムACマスターカードなどが挙げられます。銀行系や信販系などの審査が通らなかった人を顧客層にしている部分も大きいので、審査は銀行系や信販系よりも柔軟だと言われているのです。

しかし、実際のところはクレジットカードを全般を含めて言える事は、年齢相当の収入がある人や定職に就いている人、信用情報などの問題が生じていなければ、一般的にどのクレジットカードも審査に通ると可能性が高いのです。信用情報に問題がなく、定職に就いていて、安定した毎月の収入がある方は、ステータスの高いと言われているクレジットカードを持つことで、ご自分のステータスも上がり、今後の信用問題にも繋がるので、ファーストカードや二枚目のカードを所有したいと言う方は、銀行系や信販、流通系のクレジットカードからチャレンジしてみる事をお勧め致します。

過去に信用情報に問題が生じてが、現在は借金清算している、もしくは清算の目処がついていると言う方は消費者金融系のクレジットカードが審査に通りやすいと感じます。

自分自身の収入やステータス、クレジットカードを使う目的に合わせてたクレジットカードの申し込み所有する事をお勧め致します。

まとめ

クレジットカードを作る際に一番大切な事は、自分はどんなクレジットカードを持つべきかと重視して持つべきカードを決める事です。

飛行機に多く乗る機会が多い人はマイルを貯める事に特化しているクレジットカード。毎月の生活の補てんとして、一時的に現金を借りる事を目的とするならば、キャッシングに特化しているクレジットカード。毎月の公共料金や生活費などを全てクレジットカードで支払いたいと人はポイントが貯まることに特化しているクレジットカードを所有すべきです。

あとは自分自身の収入やステータスに合わせて、持つべきクレジットカードを決めて申し込みにトライしてみましょう。