フリーローンを低金利順に並べてみた!

低金利でカードローンを契約するコツは?具体的な目安と注意点とは

カードローンを契約するのであれば、可能であれば低金利でと考えるのは自然なことです。注意したいのはただ金利が安ければ良いというわけではなく、返済方法などをセットでチェックする必要があると言うことです。

一般的に金利は借入金額が高くなるほど安くなる傾向があります。しかし、低金利でお金を借りようと無目的にお金を借りても返済に困る可能性が出てくるだけでなく、返済が長引びけば利息の負担が大きくなります。

返済能力が低ければ借入自体が難しくなることもあるため、バランスにも気を使う必要があるのです。

カードローンでお金を借りる場合は、借入金額による利息の差を把握しておくことが重要になります。これは法律上の利息の制限があるためで、カードローンを提供する金融機関も規制の範囲に金利を抑えているからです。

具体的には借入額が10万円未満であれば年利20%まで、100万円未満までは18%までに制限されています。100万円以上であれば上限は15%までになりますが、利息が高いほど借入をしたいと思う人が減ることに注意が必要です。

低金利にすればそれだけ借入をしたいと考える人は増えますが、貸し出す人数が多ければ貸し倒れのリスクも高まります。 そのため、金融各社はリスクとリターンのバランスに配慮した上で金利を設定しているのです。

ただし、業界によってそれぞれスタンダードが異なり、借入の難易度も異なります。

消費者金融はもっとも金利が高く設定されていますが、即日融資が可能なケースがあるのが特徴になります。貸し倒れのリスクを背負うかわりに金利を高くすることで収益を得るビジネスモデルが特長です。50万円程度であれば18%程度の金利が相場になっています。

次に金利が高い傾向があるのが百貨店などが発行する信販系のカードローンです。18%程度の高めの金利のカードローンがある一方で、15%など消費者金融よりも低金利のカードも存在するのが特長になります。

もっとも金利が低いのが銀系のカードで実質年利15%を割り込むようなカードローンも存在します。ただし金利が低い分審査は厳しい傾向があり、なかなか審査が通らないケースもあります。

借入の難易度が高く、借入額が大きいほどは金利が低いことは共通しているため、それぞれの基準の違いを良く知ることが低金利でお金を借りるコツになるのです。

また、低金利過ぎるカードローンは返済方法などの関係で支払いが長引き、結局利息が高くなってしまうケースもあります。 金利だけでなく返済方法もしっかりとチェックする必要があります。

相場を知ることが低金利でカードローンを利用するコツに

カードローンは借入額が大きく、借入の難易度が高いほど低金利になっていきます。また、月々の返済額を制限することで低金利を実現しているカードローンも存在するため、返済方法をチェックすることも重要です。

たとえば、前倒しで支払いができるカードローンの場合、早期に返済すればそれだけ利息を節約できます。実質的な金利を減らす工夫ができるのです。

しかし、前倒しの支払いができないカードローンや、リボ払いなど支払いを後ろ倒しにするカードはそれだけ返済期間が長引きます。表面上の金利が低くても、実質的な利息が高くなってしまいます。月々の返済額の低さを重視してカードローンを選択する人もいますが、返済期間が長いほど負担が大きいという原則はかわることが無いのです。

利息が低いかわりに高額な年会費がかかる場合や、収入などが一定水準に達しないと持てないカードなども存在します。相場を知り、なぜその金利が成立するかを考えることは大切です。

基本的な仕組みを知ってしまえば金利に振り回されることなく、効率的にお金を借りることができるようになります。

もちろん、マネースケールの変化に合わせてカードローンを見直すことも大切で、借換などを含めて比較することが低金利を実現するポイントになっているのです。

まとめ

低金利でカードローンを利用するためには、

  • 少額のカードローンであれば18%程度が上限になること
  • 借入額が大きいほど低金利になること
  • 低金利のカードほど審査が厳しいこと
  • カードローンの返済方法をチェックすること

が重要になります。

低金利でも返済方法が限られれば実質的な年利があがってしまうため、どれだけ短期間で返済できるかもセットで考える必要があるのです。

関連記事

このページの先頭へ