キャッシングやカードローンは初めて借りる時が一番ハードルが高いと言われています。専門用語などもありますし、もちろん安全性がしっかりとしているかという点が一番気になることでしょう。今回はキャッシングやカードローンにまつわる色々な規制に付いてお話しますが、これには貸金業法による法的な規制と、業界内の自主規制の2つがあります。

これらを知っておくと安全なキャッシングやカードローンというものが見えてくるので、選択する際にはぜひ活用しましょう。

初めてのキャッシングやカードローンにまつわる不安

急な現金が必要になった時に便利とされているキャッシングやカードローンですが、やはり初めての方だと高い金利のイメージや返済滞納時のトラブルなど不安な点が色々とあると思います。しかしこれらキャッシングやカードローンに関しては業界内でも自主規制をしてきたこともあり、現在では大手の消費者金融などは安全なものがほとんどなので安心してください。

キャッシングとグレーゾーン金利について

キャッシングの主なトラブルとしてあるのが借り過ぎによる返済困難がありますが、実は2010年よりも前だとグレーゾーン金利というものが存在しており、これがキャッシングの高金利のイメージを作ったとされています。これは利息制限法と出資法という2つの基準があり、利息制限法の上限金利の年20%と出資法の上限の年29.2%の間で貸金業者が貸付をしていた時期があります。こちらはみなし弁済という制度もあり合意の上という解釈がなされていたのですが、現在から見ても高い金利のために自己破産や返済が困難になってしまう人が増えてきました。このため2010年には貸金業法が改定され、まずは上限金利が一律の年20%になりました。

キャッシング業界内の自主規制

この2010年の貸金業法の改定により法律的にも貸付条件が厳格になり、借りすぎのトラブルを防ぐような制度が定められました。主に広告の部分でも規制が定められ、表示の厳格化や誇大広告の禁止などにより過剰な広告は消えるようになりました。

この時期からキャッシング業界内でも自主規制が始まり、色々な部分が改善されました。一時期流行った消費者金融などのコミカルなCMなどは覚えている方も多いでしょうが、内容を誤解したり間違ったイメージを与える可能性があるとされ、自主規制をする流れになりました。

この頃から消費者金融のCMの最後の方に「ご利用は計画的に」などのメッセージが追加されたのはタバコのCMの流れと似ていますね。またこれらテレビ広告が流れる時間帯も自主規制をする流れとなり、子供や主婦層が見る朝方や夕方にはCMを流さない自主規制や夜の時間帯のCM本数の上限などを定めました。

これら規制から見る安全なキャッシングの見分け方

さて貸金業法における規制とキャッシング業界内の自主規制の2つを見てきました。これらの規制点を守っているかどうかでそのキャッシングやカードローン会社が安全かどうかを見極める基準となるので、借入を考えている方はぜひ覚えておきましょう。

上限金利は法律により20.0%を超えることは絶対にありませんで、これを超えている会社はまず闇金の可能性が高いので危険です。またキャッシングやカードローンでは会社名・貸金業者の登録番号・金利を表示することが義務付けられているので、これがまず書かれているかどうかは最初に確認しましょう。

貸付金利は業界内で小数点1位まで表示する自主規制があるので、詳しく金利が述べてあるかどうかも調べましょう。返済の項目も返済方式・期間・回数が詳しく記載されていると安心な会社と言えるでしょう。

ネット上の広告にはご注意を

業界内の自主規制に関しては誇大広告も最近では抑えられてきましたが、ここで注意すべきなのがネット上のキャッシング広告です。キャッシングやカードローンの公式サイト以外にも、ネット上のキャッシングやカードローンの広告は口コミサイトや比較サイトに掲載されているものがあります。

これらの広告はテレビ広告よりも規制がやや緩いこともあり、誇大広告ぎみになっているものもあります。そしてこれらのキャッシングは闇金などが含まれていることもあり、これが最近でのキャッシングトラブルとして多くなってきています。ネット上のキャッシング広告などは、やはり公式サイトが一番信頼できるようになっているので、選択をする際にはまず公式サイトを検索するのが一番確実です。

また貸金業法によってキャッシングでは総量規制という制度が敷かれており、これは年収の1/3以上の貸付を禁止するという内容になっています。そのためにこの総量規制の内容に触れず「誰でも希望額通り借りれる」などと書いてあるキャッシングなどは、闇金の可能性があるので選ばないようにしましょう。

まとめ

  • 貸金業法によって法的に規制が敷かれてきたので、これらの事項を守っているかチェックしよう。
  • キャッシング業界内でも自主規制がされてきており、これらを守っているキャッシング会社の中から選ぶと安心です。
  • ネット広告は誇大広告なども多く、中には闇金なども潜んでいるので上述のような規制を守っているかどうかをチェックしよう。

やはり一番良いのは公式サイトを最初に調べることです。