キャッシングのことを調べていると、ブラックリストという言葉に行き当たることがあります。

キャッシングにおけるブラックリストとはどういったニュアンスを持っているのか、漠然とでしか理解していないような人もいます。

キャッシング用語に、ブラックリストという言葉は、存在はしていません。黒い手帳は実際には存在しておらず、比喩的なものです。

個人が金融機関にキャッシングを申込みをすれば、申込みを受けた金融機関は加盟している信用情報機関の個人信用情報を照会します。

今まで、どんなキャッシングサービスを利用していて、期日までの返済が滞りなくできているかが信用情報会社にはまとめられています。 ブラックリストとは、そこに延滞や返済不能情報が残っている人のことです。金融会社金融会社は、信用情報会社に個人情報を紹介した際に、事故情報などが記載されている顧客がいると、審査に通さないことが多いので、比喩的にブラックリストと呼んでいるというわけです。

ブラックリスト入りという言い方は、たとえのようなものなのです。

ブラックになるとキャッシングは絶対にできないか

大抵の情報では、ブラックリストに名前が入ると新規のキャッシング融資は不可能となっていますが、金融会社によっては融資を行う時もあります。

審査に通るかどうかを決めるのはその金融機関なので、金融機関が OKといえばブラックリスト入りでも融資は可能です。

銀行や大手の消費者金融などではブラックリストではキャッシングの審査に通らないのは本当ですが、中小の消費者金融などではブラックリストであっても柔軟に対応してくれる場合があります。

とはいえ、中小規模な消費者金融会社でも、融資をしないところも珍しくありません。

ブラック属性とキャッシング融資の審査について

審査をクリアしなければ、どんな人でも、金融会社のキャッシング融資は受けられません。

金融会社が行う審査では、ブラックリスト入りしていないことが最初の条件といえます。

ブラックリスト入りしている人は、キャッシングはほぼ確実に断られてしまいます。

ブラックリストとは、今までキャッシングを利用したことがある人が、返済日までに全額返済できているのかを問うたものです。

過去に別の会社で、キャッシングの申し込みをしている事もあるのです。

貸金業者でキャッシングの申し込みをする人が、過去に銀行で借りていて返済に関する問題点が発生しているというケースも、実は珍しくありません。ブラックリストに名前が入っている人は、今までキャッシングの返済を行き詰まらせたことがあり、新規のキャッシングができなくなっている場合もあります。

中小の金融会社の中には、過去に返済トラブルの実績がある顧客に対してでも、融資をしているところがあります。キャッシングの審査基準は金融会社によって異なっていますので、ブラックリストに名前を連ねている人でも融資は OKという会社も存在はしています。

かつて返済を滞らせたことがある人は返済不能リスクの高い客として扱われますが、それで、中小の消費者金融会社では、融資をしてくれる場合もあります。

ですから銀行によるキャッシングの審査で落ちたとしても、異なる基準を採用している貸金業者でしたら、特に問題なくキャッシングが可能な事もあります。

1つの会社で落とされたとしても、試しに貸金業者で申し込みをしてみるのもひとつの方法です。

ブラックになった場合のキャッシング利用時の影響について

ブラックリスト入りした状態とは、金融サービス受けた時の過去の犯罪行為が載っているようなイメージを受けます。

キャッシング業界では、ブラックリストは本当にあるものではなく、イメージの中のものです。実際にブラックリストに載ると、キャッシングの利用にどのような影響が出るのでしょうか。かつてキャッシングを使用した時に、返済トラブルを起こしたことがある人が、ブラックリストに入っています。借りたお金を期日通りに返せずに、何カ月も滞納し続けていたという人や、返済不能に陥って借金の整理をする必要が生じると、その後に影響します。ブラックリストが実在するわけではないですが、ブラックリストに名前がある状態とは、信用情報会社に事故情報がある時のことです。一旦ブラックリストに名前が入ってしまうと、 5年 ~ 10年は、そのまま名前が残っていると考えていいでしょう。信用情報会社は、顧客のキャッシング情報を取り扱っており、金融会社が審査のために照会をすると、情報を提示します。

この時に上記のようなネガティブな情報が残っていれば、審査通過は難しくなり、キャッシングは出来ないことになります。

金融会社の中には、一度審査で OKを出して、限度額までの借り入れをしてくれていたのに、唐突に融資をストップしてくるようなところもあります。

何らかのきっかけで、消費者金融会社が、信用情報を確認し直していることがあります。

信用情報会社の照会は、初めて融資の申し込みをした時に審査の一環として行っていますが、以後、定期的に審査をし直したり、審査基準の見直しをしていることがあります。

まとめ

ブラックリスト入りしても、融資を受けることが絶対にできないわけではありません。

柔軟に対応してくれる消費者金融もあるでしょう。

しかし、大抵の消費者金融は、審査の時点で否決します。

かつて返済を滞らせたことがある人は返済不能リスクの高い客として扱われてしまうのです。

初めて融資の申し込みをした時に審査が通っても、定期的に審査をし直したり、審査基準の見直しをしていることがあるので、唐突に融資が利用できなくなることもあります。

返済の延滞に気をつけ、ブラックリスト入りしないように注意しましょう。