キャッシングやカードローンは借金というイメージがありますが、きちんと計画的に借りることで色々な手助けとなってくれます。

しかし専門的な用語などもあり、特に総量規制という言葉は借りる際に大きく影響を及ぼすものなので初心者さんはぜひ知っておくといいでしょう。

この総量規制に関しては業界でも色々な動きがありますが、基本的には過度な借り入れを防ぐという目的として作られた側面があります。この総量規制は消費者金融と銀行系のカードローンではまるで扱いが違ってくるので、覚えておくと申込みの際に役立ちます。

キャッシングとカードローンの基本的な違い

お金がない時に便利なサービスには色々なものがありますが、クレジットカードと同様に人気なのがキャッシングやカードローンでしょう。最近は色々なサービスが増えてきましたが、基本的には消費者金融系のキャッシングと、銀行系のカードローンの2つに分かれます。

これら2つのものはそれぞれメリットがあるのですが、やはり大きな点としては銀行系のカードローンの方が金利が低く限度額が高いというメリットがあります。一方で消費者金融系のキャッシングは金利こそ高いのですが、即日融資や無利息期間など気軽に借りれるサービスがあり急いて借りたい人には便利になっています。これら2つのサービスにはまた大きな違いがありまして、これがいわゆる総量規制という仕組みになっています。

総量規制の仕組みについて

さてこの総量規制ですが、ニュースなどで施行時には話題になりましたがこれは2010年に改正貸金業法が制定され、この事項に総量規制という項目が含まれました。これ以前の時代にはいわゆるグレー金利というものが横行しており、これによって借り手はより高い金利で貸付をされていたりと色々なトラブルが起こったりしました。グレー金利は20.0%~29.2%という高いものとなっており、多重債務者なども多く色々な問題となっていたこともあり、これらの不公平さを改善するために総量規制というものが作られたという側面があります。

このグレー金利は出資法の利息上限が29.2%であり、また利息制限法は20.0%という利息制限が同時に存在しており、どちらを選ぶかは貸付業者の一存で決められてしました。2010年の改正ではこれらの不公正を是正するために利息制限を一本化すると共に、総量規制という制度を用いて貸付などに色々な条件が付けられるようになりました。

この総量規制を簡単に説明すると、年収の1/3以上を超える貸付は原則的に禁止とされ、また50万円以上の貸付をする際には収入証明書の提出が必要となりました。これによって返済能力などを厳格にして審査時にチェックをすることで、多重債務や借り過ぎの問題を未然に防ぐ仕組みが出来上がりました。

借り手と総量規制について

総量規制に関しての仕組みについて説明をしていきましたが、実際に借り手側に関してはこの総量規制で借りれる金額などが変わってくるので注意しましょう。この総量規制の対象となっているのは一般的な消費者金融などのキャッシングが該当します。

これとは別に総量規制の対象外となっているものがあり、銀行系のカードローンなどは年収の1/3以上の借入希望額でも常識的な範囲ならば審査をしてくれます。審査の面ではどちらかと言うと消費者金融の方が柔軟であるので、総量規制の項目で限度額を定めていることで色々な借り入れトラブルや借り過ぎ問題を防いでいると言えるでしょう。

また総量規制の対象外となっているものにはおまとめローンがあり、これらは大きな金額であっても借り手に有利な側面が大きいために例外となっています。消費者金融などのおまとめローンは実は総量規制対象外となっているので、この辺はかなり便利なサービスとなっています。

銀行系のローンと総量規制の最新事情

このように銀行系のカードローンなどは総量規制の対象外となっており、年収の1/3以上でも借りれることや金利面でも優遇があり人気があるサービスです。このような条件から最近では銀行系のカードローンを利用する人が多くなってきており、これによって新たな借金問題や借り過ぎの問題などが増えてきているという指摘があります。

これらを受けて3大メガバンクでは2017年からカードローンの自主規制を用いることとなりました。また2018年では全ての銀行系のカードローンで即日融資が出来なくなるなど、審査面などが厳格化されつつあるのが現状です。銀行系のカードローンのおける総量規制の対象外という基本的な仕組みはまだ変化はありませんが、色々な借り入れトラブルを防ぐために審査をより厳格化する方向にあることは間違いないでしょう。

まとめ

キャッシングとカードローンには色々な違いがあり、総量規制の対象となるかどうかという点があります。消費者金融などは総量規制の対象となり、銀行系のカードローンやおまとめローンは総量規制の対象外となります。

年収の1/3以上でも借りれたり金利が安いなど銀行系のカードローンには色々なメリットがありましたが、それゆえに借り手側のトラブルなども多くなってきており、銀行などでは自主規制などを導入したり審査がより厳格化されつつあるのが現状です。

キャッシングやカードローンやより計画的に考えて選ぶことがますます重要になっています。