フリーローンを低金利順に並べてみた!

カードローンが返済できなくなった場合、乱暴な取り立てはあるのか?

カードローンの返済ができなくなってしまった場合、テレビで見るような乱暴な取り立てがあるのかと不安に思っている人もいるのではないでしょうか?

もちろん銀行カードローンも消費者金融と同じように返済ができない場合には取り立てはあります。ただ細かいルールが決められていますし、ルールを破ると違法行為となりますから、乱暴な取り立てを心配する必要はありません。

取り立てと聞くと怖いイメージがありますが、職場や自宅にまで乗り込んできて借金の取り立てを行うわけではなく、携帯電話に連絡が入り、自宅に督促の手紙やハガキが届く。自宅に電話が入る。職場に電話連絡が入る。自宅に取り立てがくる。強制執行・差し押さえという流れとなっています。

このようにいきなり自宅や職場に取り立てにくるわけではなく、債務者の携帯に連絡が入りますから、心配する必要はありません。

取り立てにもルールがある

消費者金融や銀行カードローンでは、返済が滞った場合取り立てが行われます。

  • 取り立てを行える時間は9時~20時まで
  • ほかの金融機関からお金を借りさせて返済させる
  • 1日に何度も電話をかける
  • 暴力的な態度や言動、大声を出して脅す

このような行為は法律で禁止されています。

カードローンの返済が滞った場合、いきなり自宅に押し込んでくることはなく、はじめに債務者の携帯に督促の電話が入ります。電話連絡でも返済されない場合には自宅に手紙やハガキが届き、自宅に電話→職場に電話→自宅に取り立て→強制執行・差し押さえという流れとなります。

ただ自宅まで取り立てにくることはほとんどなく、電話連絡での取り立てが難しい場合には、そのまま法的手段に入る場合もありますから注意が必要です。

もちろん借りたお金をきちんと返済しない場合には、請求の郵便物や電話、適正な時間帯での訪問面接などはありますから、きちんと前向きに取り組む必要はありますが、債務者の私生活を脅かすような行為はできないように制限されていますから、心配するような厳しい取り立てを受けることはほとんどの場合ありません。

通常約定日に返済できなかった場合でも、後から返済できる場合には請求・督促の段階でストップしますが、いつまでも払おうとしないでいると内容証明郵便が債権者から届き、記載された期日までに支払えない場合には法的手続きに移行する旨が書面で通知されます。これでも返済できない場合は支払い督促や少額訴訟、民事調停、訴訟となることもあります。

中小の金融機関では

カードローンの金融機関は銀行だけではなく信販会社や消費者金融などがありますが、取り立ての方法に大きな違いはありません。

ただ中小業者はリスクの高い顧客が相手となっていますから、大手の業者に比べると取り立てのタイミングが早いことがあります。

大手業者はマニュアル的な対応をしますから紳士的といえますが、中小業者の中には厳しい取り立てをするところもゼロではありませんから注意が必要です。

返済が遅れた場合のデメリット

返済が滞納すると金融機関から催促されるだけではなく、遅延損害金の支払いや事故情報の登録などさまざまなデメリットが伴います。遅延損害金は日数経過分だけ加算されてしまいますから、できるだけ早く返済することが大事です。

返済が数日遅れた程度では事故情報が登録されることはありませんが、何度も滞納しているような場合は数日遅れただけでも事故情報が登録されてしまう可能性がありますから、期日をきちんと守って返済することが大切です。

どうしても返済が遅れそうな場合は、必ず金融機関に連絡をしいつまでに返済できるかをきちんと伝えておくことが大事です。長期遅延が続いた場合や繰り返し滞納を行うと、個人信用情報機関に事故が登録されてしまい、完済を行っても最低5年間は新たにローンを組むことができなくなるなどのデメリットを伴いますし、住宅ローンなど高額なローンを組むことが不可能になってしまいます。

どうしても返済できない場合

返済を滞納し、どうにもならない場合、最終手段として裁判になります。もし支払い能力がないと判断されたり裁判に欠席した場合は、財産を差し押さえられますから収入に見合わない借り入れをしないことと、きちんと計画をたててから借り入れをするようにすることがもっとも大切です。

万が一違法な取り立てや厳しい取り立てを受けた場合には、各地の財務局や各都道府県知事登録の貸金業者に関するお問い合わせ窓口、日本司法支援センターで相談するとよいでしょう。

その場合電話の録音データや自動車のナンバー、第三者の証言、張り紙など何か証拠になるようなものがあれば有利となります。

まとめ

カードローンは大変便利なサービスですが、きちんと計画的に利用しないと返済が滞納してしまう可能性があります。

滞納をすると金融機関から督促されることは間違いありませんが、テレビや映画で見るような怖いお兄さんがいきなり自宅や職場に取り立てにくるということはなく、まずは電話やハガキで催促の電話がありますから心配する必要はありません。

ただ返済が遅れるとペナルティとして遅延損害金が発生しますし、遅れれば遅れるほど支払う金額も高くなりますから、できるだけ早く返済することが大事です。

このページの先頭へ