フリーローンを低金利順に並べてみた!

何度もキャッシング審査に落ちてしまう理由は何?審査基準はどんな事をするの?

キャッシングやカードローンはいざという時に大変便利ですね。

ですが、キャッシング審査に何度も落ちて困っているという人はいるのではないでしょうか?お金に困っているのに、何度も審査に落ちてしまうのは困りますよね。

ですが、落ちるには必ず理由があるので、その理由が分かれば審査に通りやすくなります。そこで、今回はキャッシング審査の基準や落ちる理由などを詳しく紹介するので、過去にキャッシングやローンに落ちてしまったことがある人は是非、参考にしてくださいね。

審査に通るか一番大切なポイントとは

キャッシング審査は甘いと思っている人はいませんか?ですが、実際はキャッシングは担保や保証人も必要がない代わりに審査の際には申し込み者の情報を隅々までチェックします。そのため、少しでもチェックするポイントがあれば審査に落ちてしまいます。

キャッシングで審査に通るときに一番のポイントになるのが返済可能かどうかです。これをしっかりと見るために様々な審査をしているといっても良いでしょう。

自分が審査に通るかどうか知りたい場合はまず、貸す側から信頼されるかどうかを見ると良いでしょう。例えば過去にクレジットカードを滞納していれば当然、貸す側はお金を返してもらえなくなるのでは?と思うのは当然ですよね。

あなたも友達に何かを貸すときに、過去にその友達が自分の貸したものを返してくれない過去があれば不安になるでしょう。ですので、今までローンなどを返済するときにあなたがしっかり遅れずに返したかが重要です。

属性審査

属性審査とは安定した収入があるかどうかを見られる審査です。

そのため、収入が高ければ高いほど、評価も上がります。さらにそれだけではなく、安定性も高く評価されるので、収入が多くても毎月の収入の変動が大きい場合などはマイナスになってしまいます。

職業でいえば自営業よりも公務員の方が属性審査が高くなるケースが多いので職業にも有利、不利があります。

信用審査

信用審査とは申し込み者がキャッシング等の金融サービスをどう利用してきたかを審査するものです。

例えばローン、クレジット等の金融サービスを等の金融サービスの利用履歴で過去に返済の延滞がないかを見られます。信用情報は信用情報機関が様々な金融機関から取り寄せて保管しているので正確に顧客の情報を把握する事が出来ます。

この信用情報機関の評価が低ければかなりの確率で審査に落ちてしまいます。そして、この信用審査というのはとても大切で、信用審査の評価が低ければ十分な年収があったとしても審査に通る事はまず無理なので、普段からどれだけ信用出来る事を行なっているかが大切です。

もし、審査で落ちたら見直すポイントとは

もし、審査に落ちてしまったら過去に延滞などがないか確認しましょう。

例えばクレジットカードやローン、奨学金、電話料金の支払いが2ヶ月以上遅れているなら確実にそれが原因でしょう。さらに、半年の間にキャッシングを複数回申し込むと申し込みブラックとして信用情報に記録されます。落ちてしまった場合は過去に複数回申し込みをしたかどうか確認する事をおすすめします。

そして、申し込みの条件を満たしていないかも確認することも大切です。例えば、年齢は満20歳〜65歳未満で上限を設けている業者が多く、未成年や65歳以上の人は申し込みが出来ないので覚えておきましょう。さらに継続した収入がないのも落とされる大きな原因の一つですね。

もし、落ちてしまったらこれらの条件に当てはまっていないか確認してみてくださいね。また、申し込みのときに嘘を書いてしまうと審査に落ちてしまいます。業者は個人の信用情報を確認できるので嘘を突き通すのはまず、無理でしょう。もし、嘘を書いてしまってバレたらどれだけ収入がある人でもまず、落ちてしまうので、絶対に嘘を書かないようにしてください。

また、故意ではなくても名前の漢字を間違えた、電話番号を間違えたなど記入にミスがあると審査に落ちてしまう可能性があるので、記入するときは不備がないかしっかりと確認する事が大切です。

そして、収入が年金のみの場合も一部の業者しかキャッシング申し込みを受けつけていないので、年金受給者はキャッシングはまず難しいですし、万が一通っても10万円以下に設定されるので思ったように借りれない可能性があります。

まとめ

このように、キャッシングの審査基準について紹介しました。中には何度も落とされて、その原因が分からない場合がありますよね。原因が分からなければ次に審査を受けても落ちてしまう場合がほとんどです。

ですので、審査に落ちてしまった場合は何故落ちてしまったのか理由を必ずつきとめるようにしましょう。理由によってはどこの業者でも受け付けてくれない場合があるので、そういう場合はとりあえず少し時間をおくことが大切です。

キャッシングは信用が出来ない人に貸してくれません。そのため、まずは普段から信用できるかを考えておくことが大切です。

関連記事

このページの先頭へ