フリーローンを低金利順に並べてみた!

消費者金融でお金を借りるメリットとデメリットとは何でしょうか?

私たちの生活の中で、消費者金融は身近なものになってきています。それで、消費者金融でお金を借りるという事はどのような事なのかをしっかりと把握しておくことは大切と言えるでしょう。消費者金融でお金を借りることと銀行でお金を借りることとはどのように違うのでしょうか?それは私たち消費者にとってどのような差となってくるのでしょうか?消費者金融を利用する際のメリットだけでなくデメリットについても考えてみましょう。

目次

  消費者金融とは?

そもそも消費者金融とは何でしょうか?以前は消費者金融ではなくサラリーマン金融と言われていました。そしてそれが略されて、サラ金という名称もありました。多くの方がこのサラ金という言葉をお聞きになったことがあることでしょう。そして、その言葉の響きから、怖いもの、近づいてはいけないものというイメージを持っていることも否定できません。

しかし、そのサラ金のイメージが悪化したことから、名称を改めて消費者金融という名称で知られるようになりました。サラ金という名称で知られていた時からは、金利の問題、そして違法な取り立ての問題が解決されて消費者の助けになる金融機関として知られてきています。 

消費者金融と銀行の違いとは?

お金を借りる時に真っ先に思い浮かべるのは銀行です。たしかに銀行はお金を預けるだけでなく、お金を融資することによって業績を上げている金融機関です。では、銀行でもお金を借りることが出来るにもかかわらず、消費者金融が必要になるのでしょうか?

銀行のメリットとデメリット

銀行は、非常に安定している金融機関ですから信頼性もあります。銀行は自らの信頼性を守るために、本当にお金を返すことが出来る人、または企業だけにしかお金を貸しません。言い方を借りれば審査が厳しいと言えるでしょう。また、きちんと審査を行うために、本当に今すぐお金を借りたいときに、スピード感ある形でお金を借りることはできないでしょう。それで、もし銀行でお金を借りることが出来るのであれが、それに越したことはありませんが、銀行でお金を借りることが出来なかった場合には、どこの助けを得ることが出来るのでしょうか?それが消費者金融です。

消費者金融のメリットとは?

銀行でお金を借りるメリットとデメリットを考えてみると、消費者金融でお金を借りるメリットというのを知ることが出来ます。それは銀行よりも審査が厳しくなくて、審査のスピードが早いという事です。それで、明日どうしてもまとまったお金が必要な時などには、銀行で借りることは難しいですから、消費者金融で借りるのがベストと言えるでしょう。

このことを例えで考えてみましょう。学校に在学中にレポートを提出する期日が迫ってきているとしましょう。そのレポートでどのようにしたらよいか迷っているときに誰に聞くでしょうか?先生か友人です。先生の場合、忙しかったり、レポートは自分でやるようにと言って助けてはくれない可能性があります。しかし、もし先生が助けてくれるのであったら、それは間違いのない方法です。

しかし、レポートの助けが必要なのが深夜であったり、自分のサボリが原因だった場合には先生の助けを得るのは気が引けます。そんな時に助けになるのが友人です。友人の助けの質は先生の助けの質よりも劣るかもしれませんが、気軽に助けを求めることが出来るのです。

この例えの先生が銀行系のローンで、友人が消費者金融系のローンです。どちらにもメリットとデメリットがありますから、その時の状況によって最善の決定をしていく必要があります。

消費者金融のデメリットとは?

先ほどの例えで説明しましたが、消費者金融からお金を借りることのデメリットは、学校のレポートで困った時に友人から助けを得るのと似ており、少しリスクがあるという点です。たしかに学校のレポートで友人から助けを得た場合には、その友人の助けが必ずしも合っているわけではないかもしれないというリスクがあります。

では消費者金融にはどんなリスクがあるのでしょうか?まずはそのリスクが発生する理由から考えてみましょう。消費者金融でお金を借りる場合と銀行でお金を借りる場合の違いは、審査が厳しいかどうか、審査に時間がかかるかどうかでした。消費者金融の場合は、比較的審査が簡単で、そのスピードが早いのが特徴です。つまり、銀行では貸さないと決めた人でも借りることが出来るのです。しかし、これは消費者金融側からしたら、もしかしたら、お金を返してもらえないかもしれないというリスクになります。それでこのリスクを回避するためにどのような事をするでしょうか?それは金利を上げるという事です。言い換えるならば利子を上げるという事です。それで消費者金融のデメリットは、利子が高いという事です。

  

まとめ

消費者金融が以前はサラリーマン金融として知られていたことを知りました。今では、銀行からお金を借りることが出来なかった人のための貴重な受け皿としての、働きをしています。省h氏や金融でお金を借りる時のメリットは、審査が通りやすい、そして審査が早く、手早くお金を借りることが出来るという点でした。デメリットしては、利子が高いことが多いのでお金を返すのが大変になるという事です。

このページの先頭へ