働き盛りの40代前半男性で何も変哲のないサラリーマン勤めしていますが、給料日前にお金がピンチになりお金を借りた経験が何度もあります。

その時の気持ちは、言葉では言い表せないほど辛いものですね。給料日の1週間前になると、食料を買うお金が足りなくなり、もやしやご飯のみで凌いだことがあります。

学生時代は、急にお金に必要なる場面はあまり多くありませんでしたが、社会人になると話が変わってきます。

仕事を終えた後に、上司や同僚そして学生時代の友達から飲みの誘いを受けることはありませんか。

予定が入っていないのに、突然飲みの誘いを受けると困るのがお金の問題です。

お酒が入らない食事であれば、財布の中にお金が少なくても対応できますがお酒が入ると最低3,000円程度は掛かってきます。ましてや週末に飲みに誘われると、一次会だけでは済まないケースもあり最低1万円は財布の中に入っていないと心配ですね。万が一終電に乗り遅れる場合も想定すると、1万円でも少し心細いなと感じてしまうことがあります。

最近お酒でやらかしてしまった失敗は週末に仕事を終えてから、駅近くにある飲み屋さんに1人で立ち寄った時でした。

久しぶりに外で飲んだせいか、美味しいお酒と料理ですっかり気分がハイになってしまい、普段よりもお酒が進み酔っ払ってしまったのです。

終電前の電車には乗れたものの、その中で寝込んでしまい気がつくと終着駅のホームでした。いわゆる乗り過ごしですね。

その時は、ふと我に返り顔が真っ青になってしまいました。終着駅の近くには、格安な料金で一夜を明かせるようなネットカフェなどの施設はありません。

財布の中を覗くと、3千円程度しか入っていなかったので焦りましたよ。そんな時に役に立つのが、消費者金融のキャッシングです。

普段から使っているクレジットカードでもキャッシングできますが、借入する時や事前に返済したい時に手数料が掛かってしまうのであまり得策ではありません。

いざという場合に備え私が持っているのは、プロミスのフリーローンカードですが、それが役立ちました。

その周辺に消費者金融専用のATMがあれば理想的ですが、終着駅の地理が不案内であるので周辺のコンビニを探し続けました。

探し回るところ約1時間経ってからコンビニを見つけ2万円借りてからビジネスホテルで一夜を明かしたことがあります。ところが、初めて宿泊した施設なのであまり睡眠できなかったのが記憶として残っていますね。

お酒の飲み過ぎが原因による無駄な出費は想像を絶するものです。その時は宿泊代や交通費などを合わせて1万円以上無駄に出費してしまいました。

そんなピンチの時に備えて持っていると便利なのが消費者金融のローンカードです。24時間稼働ではありませんが、ATMコーナーが普段利用している金融機関よりも長かったりするので、いざという時にも困りません。

普段、お金がピンチになった時はローンカードに頼らず次の給料日まで凌いでいますが、急に飲み会に誘われた時や回りで不幸が起きた場合にはとても役立ちますよ。

まとめ

給料日の前や急な予定が入ってしまいお金が足りない時に役立つのがプロミスなどで発行している消費者金融のカードローンです。

もちろん、キャッシングのし過ぎは禁物ではありますが、計画的に理由するのであればあまり問題はありません。

特に年末をはじめイベントが多いと、普段よりも出費が多い月があります。

キャッシングは、いざという場合に頼りになるので今後も急場を凌ぎたい時は利用したいですね。