フリーローンを低金利順に並べてみた!

低金利フリーローンの審査は厳しい?フリーローンの審査に通るコツとは?

フリーローンの審査ですが、一般的には、低金利のフリーローンほど、審査が厳しいと考えられています。どうせお金を借りるのであれば、低金利のところで借り入れがしたいという方がほとんどだと思います。しかし、メガバンクの場合、アルバイトやフリーターの場合、借り入れをするのが難しいというのが一般的です。また、低金利のフリーローンの場合、高金利のローンとは違い、使い道などが決められており、自由度が低いというところも気になります。

そこで、低金利フリーローンの審査に通るようにするためにはどのようなコツがあるのでしょうか?

低金利のフリーローンに通るコツとは?まずは借りる金額を抑えること

このように、低金利のフリーローンは、審査が厳しめです。

フリーローンの審査で気を付けることですが、カードローンとは全く異なっているということです。カードローンの場合、安定した収入さえあれば、限度額が与えられやすくなっています。

しかし、これと比較して、フリーローンの場合、申込金額が小さいほど、審査を通過することが出来る可能性が高くなるのです。

従って、審査を通過したいと思うのであれば、借りる金額をできるだけ抑えることがとても大切となります。

フリーローンの場合、お金の使い道に関しても、どういった事に使うのか証明書類を提出することが必要となります。

全額貸付か、審査落ちかどちらかになってしまいますので、リスクが小さいと思われるように、最初は申込金額を少なくして申し込むことが得策です。

どうせ審査に申し込みをするのならば、多めに借りておきたいと思う方も多いですが、欲張らずに最初は少額の申し込みで押さえておくようにしましょう。銀行側からすると、数百万円より、数万円の方がリスクが少ないと考えることが多いからです。

そこで、目安になるのが、大体年収の3分の1が目安とされています。これは前年度の年収となっています。借り入れできる金額がこの程度なので、それを目安にして、申込金額を決めるようにしましょう。

申し込み条件を事前に確認しておこう

フリーローンの審査にとおるためには、申し込み条件を事前に確認しておくということがとても大切です。

お金の使い道を証明する書類なども必要となりますので、これがないと審査に通らなかったりもします。

審査にとおるようにするためには、申し込み条件をまずは確認して、自分が当てはまっているのかそれをチェックしましょう。何もチェックせずに申し込みをして審査に落ちてしまったとしても、申し込み履歴が残ってしまいます。つまり、他社で申し込みをするときに、また不利になってしまう可能性がありますので、一社一社の申し込みに対して慎重になる必要があるのです。

たとえば、収入も重要ですが、年齢制限も設けられていますので、これに当てはまっていないと審査に落ちてしまいます。また必要となる書類も事前に全て揃えておくようにしましょう。

他社のカードローンは解約しておく

フリーローンに申し込みをする場合には、他社でカードローンの申し込みがあれば、これらは全て解約をしておくようにしましょう。

自分のローンの使用状況は信用情報機関というところにデータがありますので、どんな契約を結んでいるかというのは銀行からみるとすぐに分かってしまいます。

他社で借り入れがある人とそうでない人とは全く信用度が異なります。

確実に審査を通過したい場合には、カードローンは解約をしておくことがベストとなります。ほとんどのカードローンは電話で解約をすることが可能なので、事前に解約をしておくことがベストです。

低金利フリーローンの審査は厳しめ!だからこそ気を付けるべき事

低金利のフリーローンは、高金利のフリーローンと比較しても、使用目的を明確にしなければならないなど、自由度が低い上、審査も厳しいです。このため、まずは申し込みの際にも気をつけるべき点がいくつかあります。

まず、審査を通過したい場合、最初は申込金額は抑えておくようにしましょう。最初から欲張らず、少しの借り入れで押さえておくことがおすすめです。

また、審査の際には借り入れ条件をしっかりと確認して、申し込みに必要な書類も全て揃えておくようにしましょう。これが当てはまっていなければ、審査にとおりません。

他のカードローンがあれば、これは事前に解約をしておきましょう。これらはデータとして保管されているので、審査で不利になってしまいます。

まとめ

低金利フリーローンの審査は厳しいことが多い。これは使用目的が決まっているのと、高金利のフリーローンとは違うため。

  • 申し込みで審査に通るためには、欲張らずに少ない金額で申し込む
  • 金融機関での借り入れ条件を事前に確かめる
  • 審査に必要な書類などは、事前に用意しておく
  • カードローンは事前に解約をしておくことが大切

このページの先頭へ