フリーローンを低金利順に並べてみた!

フリーローンのメリットとデメリットをしっかりと知って、賢い借入生活をしましょう

借金というものは外見的なイメージが悪いと思っている方も少なくないのですが、しっかりとした仕組みを知っておくと非常に便利なサービスなのです。キャッシングには色々な種類がありますが、今回紹介するのはフリーローンというものであり、使用用途が自由なキャッシングやローンになっています。

厳密的に言えばカードローンとフリーローンは借入方法が違うという点から別個のものという説もありますが、今回はより緩やかな定義として使用用途が自由な点を中心にしたフリーローンの仕組みや金利、申込み方法から借入返済までを紹介していきたいと思います。

銀行系フリーローンのメリット

さて現代社会においては、最近だとパソコンもスマホも検索サイトがとても便利になってきています。借金に関する情報も今日では検索サイトで調べると色々な情報が出てくるのですが、フリーローンを検索してみるとまず出てくるのが大手の銀行系ローンになります。勿論銀行系ローンにも種類があり、その中でフリーローンやおまとめローンなどがあり個人の目的別に選ぶことができます。

銀行系のフリーローンの最大のメリットとしては何と言ってもその低金利と高い限度額にあります。こちらはよく消費者金融などのカードローンと比較されるのですが、平均して上限金利が15%程度となっており下限金利となると5%ほどの低金利となっているのはとても嬉しい点でしょう。借入限度額についても500万円以上を超えるローンも多くなっており、色々な使い道を考えることができます。銀行系のフリーローンに関しては基本的には該当の口座への振込となっており、新規の口座開設などが必要なケースもあります。勿論地方銀行から信用金庫、メガバンクなど様々な銀行がフリーローンを出しているので、自分が口座を持っている銀行のフリーローンなども検討してみるのをおすすめします。

銀行系フリーローンのデメリット

銀行系のフリーローンは低金利がメリットですが、その代わり、審査は消費者金融などのものと比べるとやや厳しくなるのがデメリットと言えるかもしれません。ですが低金利という点は何にも代えがたいメリットなので、まずお金の借入を考えているのならば、銀行系のフリーローンなどを候補に入れて考えるのをおすすめします。

銀行のフリーローンに関しては、やはり審査面で安定した収入があることが条件となっていることが多いです。特に正規雇用や年収の金額がある程度あることが条件となっていることが多く、アルバイトや主婦でも借入が出来る消費者金融とは違って、銀行のフリーローンは審査が多少厳しいのは頭に入れておきましょう。

また基本的に消費者金融などは審査が柔軟であり即日融資などスピーディーな点がメリットとなっており、これと比べると銀行のフリーローンは多少時間が掛かることもあります。口座などの開設や銀行の営業時間の都合などもあるので、ある程度はこれを考慮に入れて申込みをするのをおすすめします。メガバンクなどのだと流石に審査時間も素早く低金利となっているので、やはり最初に候補に入れるのならば大手の銀行系フリーローンがいいでしょう。

結論 〜 色々なメリットがある銀行系フリーローンをぜひ検討しましょう

借金というものは悪いイメージがありますが、しかし銀行系のフリーローンは低金利であり信頼性も高いので、まずはこちらを候補に入れて検討をするのをおすすめします。銀行系のフリーローンは、低金利かつ高い限度額で借入ができるのもメリットです。銀行の窓口での対応となるので、しっかりとした相談をした上で借入計画を建てることも可能なのも嬉しい点ですね。

反面低金利ということもあり、審査に関してはやや難しいという点は覚えておきましょう。基本的に正社員として働いているならば可能性は十分にありますし、過去に金融事故などを起こしたことが無いのならばぜひ検討してみましょう。地方銀行や信用金庫、メガバンクなど自分に合ったものは必ずありますので、ネットなどで比較検討をして選ぶのもおすすめです。

まとめ

銀行系フリーローンのメリット
銀行系フリーローンの最初のメリットは低金利な点があり、何にも代えがたい魅力でしょう。まが限度額がとても大きいという点もあり、様々な用途に使用できるのも良い点です。
銀行系フリーローンのデメリット
消費者金融などと比べると審査から借入まで時間が掛かるケースがあります。また低金利なので審査に関しては比較的難しくなることもあります。

このページの先頭へ