フリーローンを低金利順に並べてみた!

フリーローンを利用する際に、必要な心構え

・使う敷居が下がってきたフリーローン

かつて、無担保ローンやキャッシングのみのサービスを提供していたのは消費者金融だけだったということもあって、こうしたローンサービスの利用はなんとなく後ろ暗いイメージを抱いていたものです。消費者金融が「サラ金」と呼ばれ、サングラスを掛けた強面の人が取り立てにくるようなイメージもあり、実際にもそうした側面があったことも理由です。

ですが、銀行が参入し、強引な取り立ては法的に規制されるようになり、景気の悪化も手伝って、そうした悪いイメージはすっかり払拭されました。

・社会的な歯止め

そうした悪いイメージは、利用が暴走しないよう、社会的な歯止めとなっていた側面もあります。コンビニATMやスマートフォンなどからも利用出来るようになったため、誰でも簡単に利用でき、キャッシングしていると知られることもありません。社会的な歯止めがなくなったことで、これまで以上に自制的に利用することが求められています。

・際限ない利用を止める仕掛けはあるが

貸金業法の総量規制によって、貸し付け額の上限が定められており、それ以上借りることは出来にくくなっています。ですが、こうしたことにも抜け道はあります。銀行は総量規制の対象外ですし、ヤミ金は今でも存在しています。やはり最後は自制しかありません。
借りたものは返す、これは当然のことです。自己破産すればチャラになると誤解されがちですが、債務免除は貸し手の合意が必要です。お金を借りている間は、なんとなくそわそわするぐらいの気持ちでいた方がよいのかも知れません。



このページの先頭へ